芽出し球根の活け方 ー 水苔とカフェオレボウル ー_d0124248_22492590.jpg


今日は、原種系チューリップの芽出し球根の活け方の一つご紹介します。球根と根っこが一緒について来るのが、芽出し球根。背丈は、10センチにも満たないので、ブーケにするのにも難しい…。

そんな時は、乾燥水苔を水で戻してクッションとして使うのをおすすめします。乾燥水苔は、蘭や多肉植物の栽培によく使われますが、芽出し球根の花止めとしても重宝します。

器の淵を壁とするならば、水苔はクッションの替わり。
コロンと転がりがちな球根もホールドされますし、根を痛める事もありません。


芽出し球根の活け方 ー 水苔とカフェオレボウル ー_d0124248_22492615.jpg



市場に行くとフレッシュの苔を売っていますが、ご家庭で使うのは結構なお値段で贅沢ですし、そもそもなかなか手に入りません。

一方、乾燥の水苔でしたら、今は100均で見かけられるようになりました。優しいブラウンをしているので、どんな色味の花と合わせてもシックにまとまります。

今回の花活けに使っているのは、10年以上前にパリのシテ島の花市で買ったものです。直径7センチくらいの、とてもとても小さなカフェオレボウル。紫とグリーンとライム色を1つずつ持ち帰りました。余裕があれば、全色ほしいくらいかわいかった…。

カフェオレボウルの意匠って、なんでこんなにかわいく感じるのでしょう…。

パリの花々、シテ島の花市でも、ランジスの花市場でもどこでもいいので、一生のうちも、もう一回でいいからまた行きたい…♡

ブログテーマ:2月3月見頃の花
# by mellow-stuff | 2024-02-25 22:50 | フレッシュ・フラワー | Comments(0)

芽出し球根いろいろ。


芽出し球根いろいろ。_d0124248_23110507.jpg


小さな小さな芽出し球根色々。

普段はアンダーやアンニュイ、ダークやシック寄りの写真が多い私ですが…
春の花は、時々思いっきり瑞々しく、クリアに撮りたくなります。

どの子も思いっきり個性があって、そんな個性が地上で混ざって、一つの季節になるのが春の芽出し球根の世界ですね。

息吹きとか、命とか、そういうものを感じます。

芽出し球根いろいろ。_d0124248_23110291.jpg

左から順に、

・オーニソガラム
・水仙 黄花水仙
・原種系チューリップ リトルビューティー 赤
・原種系チューリップ リトルビューティー フューシャ
・ミニアイリス ライトブルー
・ムスカリ ブルー
・ムスカリ 白

コメントへのお返事が少々遅れます。

ブログテーマ:2月3月見頃の花
# by mellow-stuff | 2024-02-24 23:12 | フレッシュ・フラワー | Comments(0)

退院して四ヶ月が経ちました。_d0124248_23430108.jpg


子宮体癌の手術をし、退院をして、四ヵ月を迎えました。
この一月は、術後三ヶ月検診で受けた色々な検査の結果が出揃うのを待っている状態です。

告知の時は、青天の霹靂。
一方、術後の定期健診の結果待ちは、じわじわと落ち着かないとか、ふとした時に不安に引っ張られる感じがして、
告知の時とは全く違うマインドなんだなと実感しています。

台風の目のように、一時身体症状が晴れているときには、子宮や卵巣に気持ちを寄せています。
癌になる事で犠牲になり、私の命を救ってくれた臓器たちに、心でありがとうと語りかけています。

更年期障害や幻肢痛が酷いときは、やはり心身ともにとても辛いのです。
そんな中でも写真を撮る事が慰めでもあり、エネルギーの源でもあります。

写真は、夜中に撮ったヒヤシンス。
先日、ホットフラッシュで寝付けなかった時に撮りました。
ライティングがあまり得意ではないので、久しぶりによい練習に。
また、写真を撮り終えた頃にはホットフラッシュも去っていたので、助かりました。
ホットフラッシュ・・・まだまだ慣れません。

ヒヤシンスは、近くで見ると写真の様に、ラメ感たっぷりのメタリックな感じに驚きます。
何色が咲くか分からない球根だったのですが、大好きな紫色でうれしかったです♡
夜中なのに、その香りの強さにも驚きました。

外はまだまだ寒いですが、早春ですね。

# by mellow-stuff | 2024-02-22 23:43 | 子宮体癌 | Comments(4)

薄暮

薄暮_d0124248_19460673.jpg

一気に気温が上がったので、先日飾った背の高いコブシも一気に花開きました。
痛んだり、花びらが落ちたものを片付け、蕾みがある枝たちを切り戻し。
背丈を低く横長に活けて、ソファの前のローテーブルに…。ボリュームが半分くらいになりました。

夕方の雰囲気が素敵だったので、久しぶりにソイワックスのジャーキャンドルに火を…。
癌に罹患してから、心身ともにバタバタとしすぎて居た事もあり、ろうそくの光からもしばらく離れていました。

ろうそくは、やっぱり良いですね。炎を見ていると心が落ち着きます。

青みと黄みが混ざる薄暮期に撮る写真は、とても好きな雰囲気です。
闇の中のコブシもとても綺麗…。

薄暮_d0124248_19460784.jpg

大豆ワックス(Soy Wax)は、燃える際に不純物を排出し、空気を浄化する効果があると言われています。

ここ数年、生活用品の全般を、石油系のものから天然由来や植物由来のものにシフトしている最中。とはいえ、楽しく勉強しながら、知識をふやしつつ…なので、ゆっくり、のんびり、無理の無い範囲で。出来ない物は出来なくて良いと思うし、良いものを追うにしても、無理せず、楽しくが一番。

個人的にキャンドルは大豆由来にして本当に良かったと思っています。
ススや煙が少なく、有害物質を含まないので食事中でも気にならず、更に環境に良いとなれば、良いことづくしです♡

ブログテーマ:イルミネーションの1枚
# by mellow-stuff | 2024-02-19 19:47 | 雑貨 | Comments(0)

コブシの白

コブシの白_d0124248_23170203.jpg

今年は、たくさんの花に触れて、たくさんの花の写真を撮る一年にしたいと思っています。
切り花はもちろん、大好きな枝物もたくさん飾りたいです。

今は、1mくらいの立派なコブシを飾っています。
コブシの造形美は、なんとも言えない雰囲気があって、堪りません。

一気に咲いて、一気に花が落ちてしまいます。その分、家の中に飾るものとしては、とても贅沢な花活けの部類になると思います。

3年ぶりくらいに活けました。

コブシの白_d0124248_23170467.jpg



コブシの白を上質なシルクの様な色に撮れるようになるまで、何年もかかりました。

青みすぎては化繊の様な白になる。黄み過ぎても何か違う。
暗すぎても、明るすぎても、滑らかな花びらをつぶしてしまう。
絞りすぎても、絞らなすぎても、質感が出ない…などなど。

今年は、こんな感じに…。
優しいけれど、芯がある…そんなマグノリアがやっぱり大好きです。

# by mellow-stuff | 2024-02-17 23:18 | フレッシュ・フラワー | Comments(0)