2019年の桜いろいろ。
d0124248_21131343.jpg
d0124248_21125785.jpg
d0124248_21121903.jpg
d0124248_21124748.jpg
d0124248_21132364.jpg
d0124248_21123720.jpg


今年もたくさんの桜の写真を撮影しました。
特に、今年は色々な撮影方法を色々なレンズで撮る事を意識しました。

写真を長くやっていると、どうしても好みの作風だったり、レンズが固まってきます。
それは、それでとても良い事なのですが、求められる写真を撮影する側としては、やはり色々な作風の写真が撮れなくてはいけません。
また、一定の作風にマンネリを感じてしまいすぎると、写真自体が面白くなくなってしまう事もあります。><

あえて自分に課題を与えて撮ってみたりもしました。
個人的には、ローキーでアウトラインはっきりな作風が好きですが、今年はふんわりだったり、影や光のニュアンスが女性的なものなど、色々です。

比較的寒い日もあったので、いつもより長めに桜を楽しめた気がします。
桜…今年もありがとう。また来年まで…。

桜が散ってしまってから、まるで冬に戻ったかのような気候です。
皆様、どうぞ風邪などひきませんように・・・。


d0124248_18155247.jpg
mellow-stuff design

Facebook
Instagram
Twitter



# by mellow-stuff | 2019-04-11 21:20 | 日々 | Comments(0)
ラナンキュラス
d0124248_17531801.jpg


今年も色々なラナンキュラスを飾り、その季節も終わりに近づいてきていますが…
この春一番の気に入りだったラナンキュラスが、こちら。

花芯の近くはグリーンで、ニュアンスカラーの再度の低いピンクのフリルがかわいい…。

もちろん、普通のラナンキュラスよりお値段が張ります。
が、花一輪がとても大きいですし、花持ちもとても良かったです。^^


d0124248_17533067.jpg



このままドライになっちゃうかも?と思うほど長く咲いて、その姿を保ってくれていました。
最後は、やはり上の写真の様にはらはらと崩れていくのですが、その姿もこの通りエレガントなラナンキュラスでした。

お花は、やっぱり良いですね。
お花を飾らないくても生きていこうと思えば生きていけるのですけど、
私はちょっとでもいいからお花にはいつも傍らにあって欲しいと思います。

本当は、花畑の中に住んでしまいたい~



d0124248_18155247.jpg
mellow-stuff design

Facebook
Instagram
Twitter

【キャンペーン】『小さい春、み~つけた』雪解けや開花…うれしい春の便りを募集中!

# by mellow-stuff | 2019-03-15 18:01 | フレッシュ・フラワー | Comments(0)
ふわふわミモザを、プチプチミモザのドライフラワーに。
d0124248_17412881.jpg


みんな大好き、ミモザ。
fluffy mimosa💛
そんなミモザも、そろそろ終わりが近づいてきました。

ここの所、ミモザだらけのブログになっていますが…^^;
ミモザの一番ふわふわな時の姿は、こんな感じです。
マクロで撮るとわかりやすいですね?
本当にかわいいです。


d0124248_17414615.jpg



思いっきりふわふわのミモザも、一日一日と縮んで、すぐに小さくなっていってしまいます。
ですが、花を支える細い茎、太い茎、そして、葉にはそれなりの水分を含んでいますので、上手に蒸発させないと綺麗なドライにはなりません。

色よくドライにさせたい、形よくドライにさせたい。
いわゆるハンギング法の、そのポイントは…

1、逆さにする
2、暖房が直接当たらない場所へ
3、風通しのよく、一日の寒暖差があまり無い場所へ
4、直射日光が当たらない場所へ
5、大量の茎を一気に一つの束にして干さない

この5点は、よく言われている事ですが、
実はもう一つポイントがあります。

それは、花が咲くのをよ~く観察して一番ほわほわの時に一気に水から離す事です。
つぼみのままだと黄色の色があまり残らない、また、縮みだしてからでは茶色になりやすい…からです。
水に入れたまま徐々にドライにしていく方法もあるのですが、そちらは比較的花がぽろぽろと落ちやすいかなという感想…。

また、直射日光があたると、花の部分が茶色くなるので、こちらもまた注意です。

今年の我が家のミモザは写真の様に見事に黄色を保ったまた綺麗なドライになってくれました💛
写真のミモザは、1月の中旬くらいに吊るしたものですが、今もとても綺麗。^^





d0124248_18155247.jpg
mellow-stuff design

Facebook
Instagram
Twitter



# by mellow-stuff | 2019-02-28 18:06 | フレッシュ・フラワー
ミモザのリース
d0124248_16311615.jpg


今年もミモザのリースを作りました。
仕入れたミモザがとても葉っぱも美しく立派だったので、今年は葉の流れを意識してワイルドに組みました。

ミモザのリースは、葉をあまり残さないモコモコなタイプと、葉を残したスタイリッシュなタイプをよく作ります。
飾る場所の雰囲気や希望の雰囲気でどちらのタイプにするか決めます。


d0124248_16312810.jpg



厚みもたっぷり持たせれば、ドライになって縮んでもスカスカになりません。

インスタにも書きましたが、ミモザのリースを綺麗にドライにするポイント…。
それは、出来上がったばかりのリースを数日上に向けたまま水分を抜きます。
そうすると、形が保たれたまま綺麗な形でリースが固まります。
水分が多いうちに壁などに飾ると、下に垂れ下がった部分が型崩れしやすかったりします。
ちょっと我慢して数日おくだけで、全然姿が違ってきますので、是非試してみてください。^^



d0124248_18155247.jpg
mellow-stuff design

Facebook
Instagram
Twitter



# by mellow-stuff | 2019-02-22 16:43 | フレッシュ・フラワー
ビンテージのキャベツボックスとミモザ
d0124248_17402346.jpg


気付けば随分と日にちが開いてしまいました。
昨今は、Facebook、twitter、Instagramにブログもあって、全てに同じ力配分にしようとすると、あたふたしてしまいます^^;
集中できる場所を絞るのもよいかもしれません。

写真は、たっくさんあるのですがセレクトにこれまた時間がかかるので、今日は一枚で。

元気色と、かわいい黄色で早春を知らせてくれるミモザは、年々人気が出ているような気がします。
ほわほわな状態は長持ちしなくても、やはりこの姿は、特別です。

アメリカから日本に引っ越してくるときに、船便に乗せて持ち帰ったビンテージのキャベツボックス。
これがアレンジする前の、束のミモザととてもよく合うんです。
このキャベツボックスは、底が頑丈なアイアンネット貼りの所が気に入っています。
木の色が濃くて、アイアン部分はほぼ黒に近い色で、一生大切にしてそう~と思うくらい好きなボックスです。

今年もミモザのリースはもちろん、スワッグ用にドライにしたものも作りましたので、また記事にしたいと思ます。

もう少しブログのアップ頻度を高めたい今日この頃・・・。



d0124248_18155247.jpg
mellow-stuff design

Facebook
Instagram
Twitter



# by mellow-stuff | 2019-02-20 17:54 | フレッシュ・フラワー