術後半年が経ちました。

術後半年が経ちました。_d0124248_18274445.jpg


子宮体癌の手術をし、退院して、半年が経ちました。
この半年は、体感で言うと一年くらい経ったかのような気分です。あっという間に過ぎるのかと思ったら、毎日必死で生きているからか、とても長く感じています。

身体症状としては、腸の不具合は試行錯誤の甲斐があって、大分落ち着いてきました。ちょっと気を抜くとうまく働かなってしまうので、発酵食品、酵素、そして、和食中心の食生活を続けています。小麦は、ちょっとしたご褒美のお菓子やパンを少し食べるのは許したりしていますが、基本極力グルテンフリーです。(腸の働きに良かった食べ物や運動など、いつか記事にしたいと思っています。)

腸の回復と引き替えに、新たに出てきた不具合もあります。手の強張りと関節や体の痛み、腹痛に苦慮しています。手は特に朝が酷い症状が出ます。先日、お気に入りのお皿をうまく掴めず割ってしまい、今日はご飯茶碗を朝落として割ってしまいました。腸の時よりは、良い意味でどの様な不具合や後遺症が出てきてもおかしくないと思えています。落ち込みながら、凹みつつも、比較的一個一個地道に対応出来ている気がします。

前向きに考えて、割ってしまったお皿やお茶碗のおかげで、前から興味があった金継ぎの世界の扉をあける事が出来ました。

幻肢痛、外科的更年期障害、卵巣欠落症、線維筋痛症…それぞれの疼痛に、どの様な対応や薬が有効なのか、毎回手探りです。都度、努力してダメだったら、まずとりあえず保留して様子見して休むようになりました。焦って闇雲に立ち回っても、疲れてしまったり、悲しくなったりするばかりなので…。

どんな事にも一気に頑張るという無理が効かなくなりました。逆に、何でも細切れにちょっとずつ行う様になりました。ウォーキングは一気に6キロとかではなく、朝昼晩を2キロずづ。食べるのも、一気に一食食べるのではなく、お腹の空き具合に余裕がでたら、その分だけちょこちょこ食べる。という感じ。手間はかかりますが、急がば回れで、結果身体に負担が少なくて済むのです。

人間が健康を絶妙なバランスで普段生きてきたのなら、癌になった後の痛みとの付き合い方も、きっと絶妙なバランスが必要なはず、と思うようになりました。それを体得するまでは、絶対時間が必要。そう意識する事で、焦りは少し遠のき、地道にやっていけるようになってきた気がします。私のわたしだけの、癌と痛みとのバランスの良い付き合い方を見つけたい。ゆっくりできっと良い。初めて癌になったのだから、分からない事だからけで当然。そう思うようにしています。

子宮体癌の再発の多くは、まずは術後一年半までに起こる事が多いとのことなので、まずは、まずは、とにかくあと一年、無理と頑張りのさじ加減に注意していこうと思います。いくら前向きに頑張っていても、ストレスになる程頑張ってしまっては、癌がまた目覚めてしまいそう…。

自分を大切に労りながら、少しずつ負荷を増やして回復していくのが当面の目標です。

先日、久しぶりにお気に入りのカフェでゆっくり珈琲を飲んできました。写真は、その時に撮った写真です。何かをしながら飲む珈琲も好きですが、カフェで珈琲を飲む事だけゆっくりする…そんなシンプルな時間もとても良いなと思いました。ずっとこういう時間の使い方をしていなかったなぁ、と色々考えさせられた事もあります。

日々のリハビリや闘病の息抜きに、また、「今ここ」に集中するマインドフルネス的にも、カフェ巡りを再開したいなと思いました。

ブログテーマ:4月13日は喫茶店の日
Commented by yasuyasu0402 at 2024-04-23 23:21
こんばんは!
大変でしたね!
私も場所こそ違いますが、体の臓器等色々な箇所を
Commented by yasuyasu0402 at 2024-04-23 23:33
ごめんなさい手が滑ってしまい送信になってしまいました!
続き!
体の臓器等を色々な箇所を切除しています!l
そのせいでやはり色々な不具合等が出てきて本当に大変です!正直言って!
それに体温調節等もきちんとしなくてはならず!冬になるとその戦いが出てきて大変なのです!
咳が止まらなくなったりと!肺炎になっては取り返しがつきません!l
毎年が必死になります!
だからこれに必要等な品も買ったりとしました!l
とにかく自分を守ることからしないと!
本当に言えば色々とつきませんが!充分お体に気をつけながら過ごして欲しい!と思います!
自分でしか守れませんので!
私もこれから先も気をつけながら!していこうと思っています!l
お互いに頑張りましょうね!
by mellow-stuff | 2024-04-23 18:28 | 子宮体癌 | Comments(2)