芽出し球根の活け方 ー ガラスケース ー

芽出し球根の活け方 ー ガラスケース ー_d0124248_23242368.jpg

今日は、ガラスケースを使った芽出し球根の活け方についての記事です。

せっかく付いている球根と根を見せる活け方は、やはりガラスを使うものがおすすめです。こちらは、KINTOの蓋付きのガラスケースの大きさ違いを使っています。蓋もケースも両方花器として使えます。つまり、2つのケースを本体と蓋で個別に使えば、4つの花器として使えます。また、蓋同士を写真の様に重ねても、奥行きや立体感を感じられて、動きのある設えになります。

芽出し球根の活け方 ー ガラスケース ー_d0124248_23242395.jpg

蓋の部分を重ねて、少し水を張って、それぞれに球根を立てかけて活けるだけ。でも、とても雰囲気があって、日に日に変化していく花芽の様子を、クリアーに観察する事が出来ます。

このケースは、お花を活けても良し、小物入れにしても様になるし、台所用に買ったものには、塩麹を入れたりしています。

芽出し球根の活け方 ー ガラスケース ー_d0124248_23261628.jpg

私は、インダストリアルな雰囲気のものや、ちょっと理科の実験っぽいもの、彩度を落とした色味のデザインのものなどが好きなので、KINTOのプロダクトが大好きです。キッチン雑貨から、生活雑貨まで、少しずつ集めています。久しぶりにサイトを覗いたら、相変わらず素敵なものだらけて危険…!♡

そろそろ芽出し球根の季節は終わりに近づいています。今からですと、花芽が出ているポットの苗を買ってきて、土を水で洗い流して芽出し球根として飾る事もできますよ。

ブログテーマ:2月3月見頃の花
Commented by adaape at 2024-03-01 12:04
あなたのブログは私にとって大きな励みです!前向きな気持ちにさせてくれます。これからも素晴らしいコンテンツを楽しみにしています。返信を楽しみにしています!
by mellow-stuff | 2024-02-29 23:29 | フレッシュ・フラワー | Comments(1)