マムをメインに秋のヨーロピアンアレンジ
d0124248_10413109.jpg


 価格もお手頃、日持ちも抜群、でもいまだに日本では仏花のイメージが強い菊…。
ちょっとしたコツで、それはそれは素敵なオトナシックな雰囲気を作り出す事が出来ます。^^

コツは、これでもかと渋い色合わせをする事。
それから、使う花の種類の数を抑える事です。


d0124248_10412275.jpg


全体はこんな感じです。
フリンジ咲きの赤菊とセロシア、花のついていない秋色雪柳を…。
マムとセロシアはマスに、雪柳は大胆に広げて活けるとよりオトナっぽくなります♪


d0124248_10414118.jpg



個人的に、やっぱり年中私は渋色がとことん好きなようです。
レッスンにお越しくださる生徒さまも、皆様渋色が大好きな方々ばかりです♪

次は、どんな渋い色でアレンジを作ろうか、どんな組み合わせの花材を仕入れようか…
そんな悩む時間も、とっても楽しいひと時です。



d0124248_18155247.jpg
mellow-stuff design

Facebook
Instagram
Twitter



by mellow-stuff | 2017-11-09 10:53 | フレッシュ・フラワー
<< weekend 秋色・秋味のマフィン。 >>